釧路湿原について

アウトドア&スポーツ ナチュラム


釧路湿原について

釧路湿原は日本国内で最大の湿地で、ラムサール条約にも登録されている国立公園です。


ここには非常に貴重な生物が数多く生息しているので、
動物好きな私としてはとても興味深い場所です。

例えば、絶滅危惧種であり日本の特別天然記念物にも指定されているタンチョウ鶴は、
ここで見ることができ豊かな自然が残っていることを認識させてくれます。


また日本で最大の大きさを誇る淡水魚で大きなものは2M近くもの大きさになるサケ科の魚のイトウや、
日本にはほとんど存在しない食虫植物の仲間も生息していて、
まさに生態系の宝石箱と言ったところでしょうか。


環境保全と人間活動

しかし最近この湿原は環境破壊にともなう打撃を大きく受けていて、生態系が脅かされつつあります。
そこで現在この豊かな自然を守ろうと、国が中心となって大きなプロジェクトを展開している所です。


一方、釧路湿原ではこの豊かな自然を多くの人に体感してもらおうと
観光ツアーやネイチャー体験ツアーなども行なわれています。

例えばカヌーに乗りながらの自然探索や、バードウォッチングなどがその例に挙げられます。


自然を守る一方で、このような観光やレジャー産業で人を呼び込む事は、
環境を守る上で矛盾しているように感じられる方もいるかもしれませんが、
私はこの件は全く問題ないと思いますし、むしろ自然が大事だという啓蒙活動になると思います。

やはりこれだけ素晴しい自然が残っているのにそれをただ野放しにしていてはもったいないですし、
人間もまた生態系の一部を担う存在なのですから、自然について詳しく知る義務があると思います。

保護と展開をうまく組み合わせるということが自然とうまく付き合うことだと思います。

▼カヌー・カヤック用品をお探しの方はこちら▼

日本最大級のカヌー・カヤック用品の取り扱いを誇っているのが
『アウトドア&フィッシング ナチュラム』です。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

>>ナチュラム【楽天市場支店】でカヌー・カヤック用品の売れ筋ランキングを見る