天竜川カヌー大会について

アウトドア&スポーツ ナチュラム


天竜川カヌー大会について

長野県から発し愛知、静岡を通り太平洋へと流れる一級河川「天竜川」では、
毎年カヌー大会(天竜川カヌー大会)が行なわれています。

これはカヌーというスポーツには消極的な日本国内では、
かなり大きな大会の一つで、毎年多くの人々が参加します。


これは長野県高森町内の市田港から飯田市の時又港までの
約13キロを船で下るレースで、参加者は10ほどの部門で競い合います。

この大会には毎年大人から子供まで計100人近い人々が参加するので、
見に行くとなかなか迫力があってワクワクします。


天竜川について

この大会の行なわれる天竜川について少し説明すると、
この川は非常に流れが強くカヌーに慣れていない人にとっては少々危険な場所です。

この川沿いの地域では昔は大きな水害で悩まされており、
時には村一つを飲み込みそこの作物を全滅させてしまった例もあるそうです。

そこで当時の人々はこの川を恐れ「暴れ天竜」と呼んでいたそうです。
この川の脅威から自分たちの生活を守るために昔の人たちは、ダムや堤防を作ったり
人柱を立てたり様々な苦労をしてきました。

現在では川岸の整備やダムの建造などのおかげでこのような水害はほとんどおこっていませんが、
たまに豪雨などが降ると未だに堤防の決壊などを引き起こしています。

日本には他にもこのような危険な川は多くありますが、
その中でもここは特別な場所だと言えるでしょう。

そんな荒々しい川で力を振り絞って船を漕ぎ進む参加者たちは本当に勇気ある人たちです。
皆さんももしこの近くに住んでいたら、少し足を運んで彼らを応援してください。

天竜川カヌー大会は、大体毎年8月22日ごろ行なわれるようです。

▼カヌー・カヤック用品をお探しの方はこちら▼

日本最大級のカヌー・カヤック用品の取り扱いを誇っているのが
『アウトドア&フィッシング ナチュラム』です。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

>>ナチュラム【楽天市場支店】でカヌー・カヤック用品の売れ筋ランキングを見る