カヌーとオリンピックについて

アウトドア&スポーツ ナチュラム


カヌーとオリンピックについて

カヌーは元々世界の多くの場所で様々な民族が使用していた
水上を移動するための小型艇で、主に東南アジアやオセアニア地域でよく使われてきました。

用途は水上の移動以外にも航海や狩猟、交易など様々なものがありましたが、
彼らはこれをスポーツの一つと捉えて使用してはきませんでした。

しかし現代ではアメリカやヨーロッパを中心に、カヌーはスポーツのための道具として使われており、
オリンピックの公式種目にもなっています。

今から、カヌーがなぜ現代ではスポーツとして使われているか、
またスポーツの世界で使用されてからどのような歴史をつむいできたか・・・
ということに関して記事を書いていきます。


カヌー競技の歴史

まず、アジアやオセアニアで使用されてきたこの船が
ヨーロッパに伝わったのは18世紀から19世紀頃にかけてのことだと言われています。

当時は西洋の研究者達が異国の文化を研究しとりいれようと競い合っていた時期で、
その過程でカヌーが西洋に伝わったと考えられています。

その後彼らはそれを自分たちの使いやすいように改良していき、
その結果現代の水上競技に特化した形に仕上がったということです。

これを完成させた国にはドイツイギリスと言われていますが、
これを競技として使用したのはイギリスだということで私はイギリス説を信じたいです。


そして、オリンピックの公式種目に

カヌーは1866年にイギリスで始めて競技として使用され、1930年には世界大会が開かれ、
さらに1936年にはついにオリンピックの公式種目になりました。


その頃から世界の多くの国々がスポーツとしてのカヌーの世界に参加してきました。

日本がこの世界に本格的に参加してきたのは
1961年に国際カヌー連盟に加盟した頃で、本当につい最近のことです。


まだ歴史の浅い日本カヌーが、若いアスリート達によって 発展していくことを私たちは期待しましょう。

▼カヌー・カヤック用品をお探しの方はこちら▼

日本最大級のカヌー・カヤック用品の取り扱いを誇っているのが
『アウトドア&フィッシング ナチュラム』です。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

>>ナチュラム【楽天市場支店】でカヌー・カヤック用品の売れ筋ランキングを見る